Blog

江戸東京ブログ

煉瓦銀座之碑とガス灯

京橋の史跡、ぶらり歴史散歩

東京街歩き 119散歩コース&マップのコース「A-2-05日本橋 銀座 商業の町」では日本橋から京橋、銀座までの主に江戸〜近代の史跡を辿ります。
今回は、日本橋と銀座のちょうど中間に当たる京橋にある史跡の歴史散歩です。

訪れた場所は…

  

     

  • 千葉定吉道場跡
  •  

  • 京橋の碑
  •  

  • 煉瓦銀座之碑とガス灯と京橋親柱
  •  

  • 京橋記念碑と交番
  •  

  • 江戸歌舞伎発祥の地
  •  

  • 大根河岸記念碑
  •  

  • 銀座発祥の地碑
  •  

  • 銀座の柳由来碑
  •   

千葉定吉道場跡

千葉定吉は、兄の千葉周作の玄武館道場の隆盛に貢献した後、自らもこの地付近に「小千葉道場」と通称される道場を開きました。剣術修行のために江戸へ出てきた土佐藩士坂本龍馬は、定吉の門に入ったとされていて、定吉から「北辰一刀流 長刀兵法」の目録を伝授されました。

千葉定吉道場跡
Pic.千葉定吉道場跡 説明板

京橋の碑

1875年(明治8年)当時の石造の親柱です。 斜め向かいの交番の横の京橋記念碑の親柱と同じものです。

京橋の碑
Pic.京橋の碑 京橋の親柱

煉瓦銀座之碑とガス灯と京橋親柱

1872年(明治5年)の東京大火の後、防火のため銀座煉瓦街が建設され銀座の名物となりました。 横にたつガス灯は、銀座では明治7年から街路沿いに設置されました。煉瓦建ての建物とガス灯はモダン銀座の始まりであり、近代文明国家日本のシンボルでした。大きな親柱は1922年(大正11年)に架けられた京橋もので、照明設備のついた親柱です。

煉瓦銀座之碑とガス灯と京橋親柱
Pic.煉瓦銀座之碑とガス灯と京橋親柱

煉瓦銀座之碑
Pic.煉瓦銀座之碑

京橋記念碑と交番

「京橋」という地名は、江戸時代、東海道を日本橋から出発し、京都に行くときに通る橋といったあたりからつけられた名前です。京橋は1959 年(昭和34年)京橋川の埋め立てで撤去されました。記念碑は1875年(明治8年)当時の石造の橋柱で、もう一つ同じ親柱が道路の反対側にあります。横にある築地警察署銀座一丁目交番は、大時代正の親柱を模したデザインで、秀逸です。

京橋記念碑
Pic.京橋記念碑 京橋の親柱

築地警察署銀座一丁目交番
Pic.大時代正の京橋の親柱を模した交番

江戸歌舞伎発祥の地碑

江戸歌舞伎は1624年(寛永元年)に中村座の初代中村勘三郎が中橋南地で櫓をあげたのが始まりとされています。この中村座の後に、市村座、森田座、山村座と続き、この四座が官許の芝居小屋でした。1957年(昭和32年)に建立された碑です。

江戸歌舞伎発祥の地碑
Pic.江戸歌舞伎発祥の地碑

大根河岸記念碑

江戸時代から昭和10年までの約270年間、京橋川にかかる紺屋橋から京橋にかけて、青物市場、通称「大根河岸」があり盛況を極めました。近郊で採れる大根が主力だったようです。昭和10年、東京市中央卸売市場の開設にともない、大根河岸の市場は築地へ移転しました。

江戸歌舞伎発祥の地碑
Pic.大根河岸記念碑

京橋から歩いてきて、もうすでに銀座に入っていますが….、京橋から近いので見ておきます!

銀座発祥の地碑

銀座という地名は幕府が 1612年(慶長17年)に銀貨鋳造所を駿府城下からこの地に移したことに由来します。 江戸時代、ここに銀貨を鋳造する銀座役所があり、周辺には金貨や銀貨を手数料をとって両替する店がたくさんあったので、通称を銀座と言ったようです。

銀座発祥の地碑
Pic.銀座発祥の地碑

銀座の柳由来碑

銀座の柳は明治20年年ごろ銀座通りに植えられて以来、大正9年に一度撤去され、昭和6年に復活の変転を経ながら数多くの詩歌にうたわれました。銀座を愛する人々に親しまれ、銀座のシンボルとなりました。

銀座の柳由来碑
Pic.銀座の柳由来碑

後で調べると「銀座の柳」では、もう2ヶ所に記念碑があることがわかりました。「銀座の象徴 柳並木の碑」 (有楽町駅)と「銀座の柳の歌碑」 (数寄屋橋公園)です。ということで、後日、確認したいと思います。

関連記事