東京街歩きコース内容

東京街歩き 119散歩コース&マップの詳細内容

E-2-01 都心で生き抜く古木-1 谷中~皇居周辺

東京は緑が少ないと言われ、東京の都心と言われるエリアは開発も進み、道路とビルだらけと思われがちです。しかし都心にも江戸から続く古い寺社や大名屋敷の痕跡が保存されていて、探してみると案外古木、巨木が見つかります。ビルに囲まれ排気ガスにまみれながらも、健気に都会の喧騒の中で生き抜いているのです。

こうした都内の古木は関東大震災の火災や東京大空襲にも耐えてきました。中には枯れたと思われた木が甦ったり、焼けて幹が炭化して空襲の痕跡を残しているものもあります。このコースではこうした古木、巨木を中心に巡り、併せて道すがらの歴史遺構を訪ねます。

このコースの一部は、ブログ「谷中で見る 都心に生きる古木」、「江戸城を極める 平川門から清水門へ」、「日比谷公園のぶらり歴史散歩」 に実際の街歩きレポートがありますので、是非参照してください。リンクをクリックすると別ウインドーで開きます。

主な古木抜粋

延命院のシイ
樹齢:400年以上 高さ:16m 幹周5.5m

谷中のまたぎクスノキ
樹齢:400年 高さ:23m 幹周:7m

大雄寺のクスノキ
樹齢:300年 高さ:20m 幹周:5m

金嶺寺のタブノキ
樹齢:ーー年 高さ:20m 幹周:5m

谷中のヒマラヤ杉
樹齢:90年 高さ:12m 幹周:3m

上野東照宮のクスノキ
樹齢:600年 高さ:25m 幹周:8m

上野東照宮のキササゲ
樹齢:300年 高さ:-m 幹周:-m

輪王殿駐車場のクスノキ
樹齢:–年 高さ:16m 幹周:5m

湯島聖堂のカイ
樹齢:–年 高さ:-m 幹周:-m

震災イチョウ
樹齢:150年 高さ:-m 幹周:-m

首かけイチョウ
樹齢:400年 高さ:20m 幹周:6.5m

次のコースE-2-02都心の古木 本郷~雑司ヶ谷を見る

CATEGORIES

E:Focus on

コース経路

Start JR日暮里駅南改札→→ End千代田線日比谷駅

ウォーキング距離と歩数

13km 20000歩