東京街歩きコース内容

東京街歩き 119散歩コース&マップの詳細内容

D-1-03 坂と歴史の町-3 関口 目白台

このコースは関口、目白台エリアにフォーカスして、今に残る歴史ある名坂と歴史の痕跡が組合わされた独特の風情を辿ります。

主な史跡抜粋

鳩山会館(有料)
鳩山一郎の像
鳩山和夫・春子夫妻の像
内閣総理大臣を務めた鳩山一郎の邸宅を一般に公開したもの。1924年(大正13年)の竣工。音羽御殿の通称で知られ、戦後政治史の舞台でした。老朽化が著しく進み、1995年に大規模な修復工事が行われ、竣工当時の姿に復元されました。

東京カテドラル聖マリア大聖堂
丹下健三の代表作とも言える建築のひとつ。50年も前に建築されたとは思えない洗練されたデザインで、上空から見ると十字架を象っています。

山県有朋邸跡 (椿山荘)
椿山荘は明治の元勲 山縣有朋の屋敷跡で、自ら趣味である作庭を行いました。江戸時代から椿の景勝地でした。庭内には室町時代末期築の三重塔があります。

旧細川侯爵邸 和敬塾本館
和敬塾本館は旧細川侯爵邸で、細川家第16代細川護立侯により1936年(昭和11年)に建てられた昭和初期の代表的華族邸宅です。非公開なので正門のみ見学です。
永青文庫(有料)
旧熊本藩主細川家伝来の美術品、歴史資料を展示した美術館です。細川家の屋敷跡内にあり、昭和初期に細川家の事務所として建てられたものです。

関口芭蕉庵
松尾芭蕉は1677年から3年間、神田上水の改修工事に携わり水番屋に住んだといわれています。現在の庵は第2次大戦後の建築されたものです。

神田上水取水口大洗堰跡
大井玄洞 像
大洗堰が設けられ神田上水の水位を上げて神田・日本橋方面に給水しました。神田川の治水に尽力した大井玄洞の像があります。

肥後細川庭園
船着石
松聲閣
幕末に細川家の下屋敷となり、明治時代には細川家の本邸となりました。松聲閣は明治20年頃に学問所として建設された木造2階建の建物です。2016年に耐震補強工事を実施。

金乗院 慈眼寺 (江戸五色不動)
青柳文蔵の墓所
青柳文蔵は私財や書籍を仙台藩に寄贈し、藩がこれを公開したことで青柳文庫と呼ばれる日本初の図書館となりました。
丸橋忠弥の墓所
丸橋忠弥は由井正雪と慶安の変に加担したとして1651年に処刑。鈴ヶ森の刑場で磔にされた最初の罪人となりました。

護国寺
新撰組 谷口四郎兵衛の墓所
音羽富士塚
月光殿(旧日光院客殿)
大隈重信の墓所
三条実美の墓所
山県有朋の墓所
ジョサイア•コンドルの墓所
音羽陸軍埋葬地英霊の塔
1681年(天和元年)徳川綱吉は母、桂昌院の願いを受け、護国寺の建立を命じました。護国寺は重要文化財の本堂、桃山時代築造の月光殿など多くの文化財を有し、また宮家の墓所(豊島岡墓地)、陸軍用墓地や富士塚もあります。大隈重信ら多くの著名人の墓所としても知られています。

次のコースD-1-04坂と歴史の町 お茶の水 神田を見る

CATEGORIES

D:武蔵野台地を体感する

コース経路

Start有楽町線江戸川橋駅1a→→End有楽町線護国寺駅4

ウォーキング距離と歩数

13km 20000歩