東京街歩きコース内容

東京街歩き 119散歩コース&マップの詳細内容

C-3-01 昭和の飲み屋街 -1 赤羽 池袋 新宿 三軒茶屋など

東京の繁華街の表通りにはきれいな居酒屋チェーン、おしゃれな居酒屋さんがたくさんありますね。でも、東京にはまだ昭和の面影を残すレトロでディープで、かつ安い居酒屋が並ぶ「飲み屋街」が多くあります。「せんべろ」という言葉がぴったりで、どこか退廃的で…。

最近では若い女性や外国人の間でも「横丁呑み」が流行りメディアでも紹介しています。昭和のフォトジェニックな風景はSNS映えする素材としても人気なんですね。しかし、その多くは再開発があると消滅していく運命で、消滅は時間の問題となっています。酒飲みじゃなくても昭和の遺産として見納めしておきましょう。

池袋の栄町通り、美久仁小路はブログ「池袋ぶらり歴史散歩-2 昭和の飲み屋街」の実際の街歩きレポートに収録されていますので、是非参照してください。リンクをクリックすると別ウインドーで開きます。

赤羽 OK横丁
赤羽 明店街
赤羽 一番街シルクロード
赤羽のガラの悪さの代名詞が飲み屋街ですね。せんべろ、つまり千円でベロベロになれるほど飲めるお店が多いです。

池袋 栄町通り
池袋 美久仁小路
終戦直後の闇市から始まった飲み屋街で、歌謡曲にも歌われた横丁です。サンシャイン通りの喧騒から一歩裏に入ると昭和の雰囲気が満ちています。

大塚 三業通り
戦前には都内でも有数の三業地でした。現在も名前は残っていますが、花街の名残を探すのにも苦労するほど消滅しかかっています。

神楽坂 みちくさ横丁
神楽坂 芸者新道
神楽坂 本多横丁
神楽坂 見番横丁
神楽坂 兵庫横丁
神楽坂 かくれんぼ横丁
石畳の路地に老舗の料亭、新宿区まちなみ景観賞も受賞している情緒あふれる横丁もあります。往年の神楽坂の花街の風情が偲ばれます。

新宿思い出横丁
新宿センター街 思い出の抜け道
新宿ゴールデン街
ルーツは戦後の焼け野原にできた闇市。一時期には作家や役者などが集う文化人の拠点にもなってきました。バブル期の地上げにも耐えてきました。

下北沢 鈴なり横丁
名前は横丁ですが、小径ではなくかつては劇場「ザ・スズナリ」だった建物です。一階部分に飲食店が入っています。

エコー仲見世商店街
世田谷通りと国道246が斜めに交わる三角形の部分、アーケードのある昭和レトロな商店街です。迷路のような路地には居酒屋が軒を連ねています。

渋谷のんべい横丁
旧渋谷川とJRの高架に挟まれた小さくて細長い路地にあります。若者の街渋谷でも、一瞬にして昭和にタイムスリップできる横丁です。

次のコースC-3-02昭和の飲み屋街 玉ノ井 吉原などを見る

CATEGORIES

C:戦後 昭和の東京

コース経路

Start JR赤羽駅東口→→JR赤羽駅東口→→JR池袋駅東口→→JR池袋駅35→→JR大塚駅南口→→JR大塚駅南口→→有楽町線飯田橋駅B4a→→JR飯田橋駅B4a→→JR新宿駅D1→→新宿線新宿三丁目駅C7→→井の頭線下北沢駅東口→→井の頭線下北沢駅東口→→東急世田谷線三軒茶屋駅→→田園都市線三軒茶屋駅世田谷通り口→→田園都市線渋谷駅A7b→→End JR渋谷駅A7b

ウォーキング距離と歩数

9km 13800歩